しつこい痒みに悩まされる

最近、肌にとても年齢を感じるようになりました。

笑っていないときでも目尻にシワができていて、老けてみえるので、かなり気になります。スキンケアだって忙しくても時間をとるようにしています。それに目の周りは温度が低く皮膚も薄いので、しつこいくらいクリームを塗って、水と脂を補充するスペシャルケアを心がけています。でも、こうお肌の状態が良くないとスキンケアを見なおそうかなと思っています。肌を手入れするとき、乾燥シーズンは気をつけなければいけません。

目の周りの皮膚は引っ張ってもわかるとおりとても薄いので乾燥の影響を直接受けてシミやシワが出やすいですし、アレルギーやアトピー体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるようです。

肌の手入れを念入りに行ってもこのような症状が出てしまうのなら、スキンケアを見直すことも大切です。私の場合、皮膚科で教えてもらったのですが、天然オイルで保湿をしっかり行うことで肌トラブルを未然に防ぐことができるそうなので、目もとにもオイルをプラスしてあげると良いでしょう。精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、自分に合ったものを使用しましょう。女性のお肌の悩みで、特に30代、40代に多いお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。

左右の目の下の少し頬側にできる、ねぶそく時の隈みたいなシミのことを指します。その原因として、女性ホルモンと関係があるのではないかとされており、肝臓に病変があるからといったわけではないようです。トラネキサム酸がその治療に有効だとされており、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから市販されています。

いわゆるありふれたシミ改善法のようなものでは、こと肝斑に関しては効果がないといえます。私立ちがよく口にするcoffee、紅茶、緑茶などに含有されるカフェインは、肌のシミを増やしてしまう一因になるでしょう。。肌のイロイロなところにシミを拡散させる結果となったり、長い間、カフェインを摂りつづけているとそうでない人よりも色素沈着(新陳代謝の衰えにより、肌にシミやそばかすなどが残ってしまうことを指します)が進行しやすい体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)になってしまいます。

それに、緑茶にふくまれる成分であるタンニンもお肌のシミを悪化させやすい成分なので、シミでお悩みの方は飲み過ぎないようご注意ください。

まったく我流ですが、スキンケアを通して思い当たったことがあります。シワが出来る肌質、出来にくい肌質というのはあるようで、肌が柔らかいほどシワができにくく、もし出来ても回復しやすいと言うことです。ただ、恵まれた肌質だと思って放置していると、柔肌も硬く変わってしまうので、気をつけなくてはいけないでしょう。私はサロン勤務の姉に勧められて夏に炭酸水洗顔を初めて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、パック後の肌のプルプルが長く維持できるようになってきてから目周りのメイク崩れがなくなり、シワも気にならないようになってきました。パックと肌質が合っていたのかもしれませんが、肌の復元力が増すのとアンチエイジングは関連性が高いと思います。ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はお肌のことを考えてください。

糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化が加速してしまう糖化生成物に変化するのです。お肌のコラーゲンが糖と結合することで、糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミやしわ、たるみを引き起こしたりすることが心配されます。

出来る限りのUV対策やお肌の手入れをしていたのに顔のシミはいつの間にかできています。このようながっかりした経験をお持ちの方持たくさんいるはずです。できてしまったものはしょうがない!とにかく薄くしていくにはレモンやイチゴに多くふくまれるビタミンCをたくさん摂取するのがお奨めです。

体にビタミンCを摂り入れることによってシミは薄くなっていきます。ビタミンCは調理によって失うことも多く、食事だけはなかなか摂りづらいという人はビタミン剤などのサプリメントを使うのも手軽なシミ対策と言えるでしょう。洗顔を終わらせた、その後の10秒間は実は肌にとって大変大事な時間だということをご存知でしょうか。

お風呂やシャワーを使った後やきっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、水を撒くたらどんどん吸い込んでいく砂漠みたいな状態にあるでしょう。

この、短く貴重な奇跡の時間に肌に何もしないのは大変惜しいことですし、これ程大事な時間を無駄にするのは、それこそ肌に良くない、と言いたいくらいです。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、化粧水をしっかり吸い込ませてあげてください。肌はなるべく若いうちから手をかけてあげた方がいいのですが、日々の肌のケアをすることなく、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。シワができる原因は主に紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着(新陳代謝の衰えにより、肌にシミやそばかすなどが残ってしまうことを指します)、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、そのダメージが日々積み重なっていくことがじわじわと肌に影響を与えます。そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。20代という年齢は、女性の肌が大人として完成してくる時期です。

そんな時期にスキンケアはずっと先伸ばしでいいだろうとのんびりしていると、数年後にがっかりするかもしれません。シワの土台って、20代でつくられるんです。ただ年をとるだけでシワが出来ると思っていたらミスです。

反復される乾湿や紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着(新陳代謝の衰えにより、肌にシミやそばかすなどが残ってしまうことを指します)、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)など外部刺激を受ければ容易に発生します。表面化しなくてもダメージは確実に肌に蓄積しています。

皮膚を守ることは美容だけでなく、アトピーなどの発症を防止する効果もあります。

アラサーの肌になる前から、先を見据えたお手入れを行うことが大事です。差は確実に出てくるでしょう。